インプラントで重要になる人口歯の種類を知ろう

無痛治療って何?

最近多くの病院で行われている無痛治療ですが、この無痛治療というのは患者に対して痛みを感じさせないように工夫する治療になっています。インプラントの治療でも無痛治療は行われていますよ。

人口歯を選ぶ基準は?

基本的に人口歯を選ぶ基準としては自分の歯に合うかどうかになります。また予算も考慮して選ぶ必要があるので、1人で悩まずに病院の先生に相談したり、実際にインプラントを行なった方の体験談を参考にするといいですね。

インプラントで使う人口歯の種類

歯医者

歯の成分と最も近いジルコニア

歯の成分と近く、最も違和感なく使用する事が出来るジルコニアの人口歯は変色することもなく、割れる心配もありません。しかし人口歯の種類では一番高額なタイプになっているのも特徴的です。

一般的に使用されるセラミック

インプラント治療で多く使用されるセラミックの人口歯は艶があり、周りの歯に合わせて色を変化させることができます。また消臭効果を持つものもあるので口が臭いと言われる心配もなくなるでしょう。

セラミックとプラスチックのハイブリット

白い人口歯の中では一番安価になっているタイプになります。セラミックが使用されているので色を変えることが出来ますが、少し柔らかいので割れてしまう可能性もあります。割れてしまった場合の補償があるのか聞いておきましょう。

硬さと耐久性を持つメタルボンド

白い人口歯ではなくなりますが、色調を変えることが出来るので目立つことはありません。また耐久性が高いので割れてしまったり、再度付け替えを行なう必要もないとされています。

歯の硬さと似ているゴールドクラウン

ゴールドクラウンの素材は歯の硬さとほとんど同じなので、噛んでいるとすり減り馴染みやすくなるのが特徴的です。また金属部分が腐食することもないのでつけた始めた状態を保つことが出来ます。